川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2018-01-11(22:27) 国政

安倍首相は何としても、憲法改正を発議したいらしい。憲法を遵守しなければならない立場で、憲法に書かれている事が守られていないにもかかわらず。

憲法第25条では、全て国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。としています。

全ての国民に保障されている、健康で文化的な生活が出来ていない国民が1人でもいれば政府の憲法違反です。

社会保障の増進に努めなければならないのに、社会保障の削減を何十年も続けている政府は憲法違反です。

沖縄県の県民が米軍に生活を脅かされている現状は、憲法違反と言えます。

社会保障の基準となる、生活保護基準を引き下げる事は、憲法第25条に反してます。

憲法第25条を考えただけでも、次々と憲法違反である事が出てきます。

安倍政権がまずやるべきことは、日本国憲法全条文103条まで、しっかりと守り実現する事です。その上で、改憲が必要なら国民の議論が起こるはず。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です