川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-11-29(22:04) 市政 教育・こども

本日、板橋市議と一緒に、市立戸塚南小学校の校長先生からお話を伺ってきました。

川口市内の小学校は、人口が増えている地域、子どもが減っている地域など地域差があり、学校の現状や課題も地域差があります。本日伺った戸塚南小学校は、地域の人口が増えている地域で、小学校もマンモス化に対して学校建設を行ったにもかかわらず、現在では1000人に近づいている小学校です。

子どもたちが増える中、普通教室不足となり特別教室(図工室、理科室など)を普通教室に変更しながら、やりくりをしてきたそうです。

私たちの願いは、少人数学級です。だから、2年生も当然35人以下にしてほしいと要望が多く出されます。しかし、現場では教室が足りない現実がある。戸塚南小学校はプレハブ校舎を建設したことで、現在は特別教室は元に戻すことが出来たそうですが、今だ増えている事を考えれば、根本的な問題解決には至っていないと思います。また、特別支援学級は設置されていません。学童についても保育室の確保は心配です。

その他、教師の産休、育休などにしっかりと対応できているのか。子ども達の事を考え、先生の過重労働を考えれば、少人数学級の実現が必要ですが、教室不足で物理的に困難であるならば、教師の加配を実現したい。理想は学年に1人の加配が欲しいという事です。先生たちの突然の病気等にも対応できる教師の加配が必要です。そして、普段では子どもたちに目が行き届く人数配置で、教育を行う事。今すぐ実現したいです。

まずは県に働きかけることですね。そして、市費での教員や栄養士の配置をこれからも求めていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です