川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-08-06(22:54) 学習会

子育てをしている保護者、保育所・幼稚園で働く保育士や職員、保育に関わる仕事をしている方や、市民などが集まり、保育や子育てについて考える大集会です。昨日から明日までの3日間行われます。昨日はスーパーアリーナで全大会が行われました。今日は、スーパーアリーナ、ウェスタ川越、聖学院大学、獨協大学で講座や分科会が開催されました。

私は、ウェスタ川越で開催の基礎講座に参加しました。子どもの食物アレルギーへの対応(眞鍋大阪健康福祉短期大学教授)と困難を抱えた子の保育と自己肯定感の育ち(浜谷直人首都大学東京教授)を午前、午後と一日かけて学びました。

市政に関する事では、保育も大きな比重があるので、本を読んだり実際に保育を視察したりとそれなりに学んできたつもりでした。しかし、子どもの気持ちを学びそこから保育を学んだことは、初めてだったので、とても良い経験でした。

アレルギーの講座では、学会の発表としても間違いがあると眞鍋先生ははっきりと言い切りました。怖いことです。何を信じていいのかわからないではありませんか。アンテナを高く、マスコミ報道などをうのみしてはいけないという事です。でも、難しいです。

午後の浜谷先生の講座は面白かったです。問題行動を繰り返す子どもでも、その背景には、さらに周りの子どもの行動や言葉が関係していると言います。しかし、面白い遊びなどに集中しているときには、そんなことは起こらないと。

また、行動の区切りをつけるのも、保育士や大人の都合では、うまくいかない事もあります。子育てをしていたころの気持ちにかえった時間を持てました。懐かしい気持ちになり、とってもためになる学習でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です