午前中は、新聞の配達集金に芝地域を一回り。

午後からは、介護保険運営協議会の分会の会議。

夕方からは、小谷場町会の盆踊り。今年は、美化活動に参加している「親和会」が焼きそばの模擬店を担当することになったと聞き、お手伝いしましょうか。と。喜んでくれたので猫の手くらいにはなると軽い気持ちで会場の公園に行きました。到着は17時。盆踊りは18時からですが、子どもたちは大勢来ていて、子ども神輿などにぎわっていました。焼きそばはすでに焼いてパック詰めをしていたので、さっそく私も輪に入りました。最初は、パック詰め。そのうちパック詰めしながら、紅ショウガと青のりをかけて輪ゴム止めする工程を担当。途中で紅ショウガがなくなり、買いに行くことになりました。皆さんビールを飲んでしまい車の運転ができないので、私が。帰ってくると、売り子さんに。子どもは焼きそばが好きですから、子どもの多い小谷場町会の盆踊りでは売れ筋です。さらに、夕飯にしようと大量に買っていく方もいます。

本当にひっきりなしで、いつまで続くんだろうと思ってしまったほど。周りの方は高齢な方なので、私が頑張らなくてはと、ちょっと気負いましたが、それが運のつき。

焼きそばは売れ残りの心配がないだろう、くらいの軽い気持ちで手伝ったのは、大きな間違いだと気が付きました。

考えが甘いとは、このことです。挨拶に来た、柳田市議と木岡市議も手伝う羽目に。二人とも若いので、すごく助かりました。

本当に自分の考えの甘さに気が付いた、一日でした。(;´∀`)

子ども神輿が6時まえに。

手前はお料理の先生Sさん。右は体育部長さん。

6時ころはまだ、こんな感じ。

 

おすすめの記事