川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-07-27(21:25) 国政 市政

今年は、川口市での開催でした。

都市農地と農業を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。こうした状況の解決を目指し、有志市長と関係者が立ち上がり、平成21年から我が国初の都市農業サミットが開催されています。毎年都内での開催でしたが、今年は川口市に会場が来ましたので、共産党市議団は全員での参加ができました。

挨拶の後、基調講演「都市農業をめぐる情勢とJAの取り組みについて」を全国農業協同組合中央会農政部長の小林寛史氏が行いました。その後、代表者会議として、11市からの市の現状や取り組みなどの報告が行われ、共同宣言が採択されました。

8項目の政策提言が国の機関と関係諸団体の協力を求めるものとされています。

1、都市農地、農業の国民的理解の醸成に関わる支援制度の拡充。2、都市部における農地の存在意義の認知と都市づくりにおける計画的な農地の保全と活用の推進。3、農用地や緑地の保全を推進する支援制度の拡充。4、都市農業を支援する制度の拡充。5、生産緑地の買い取り支援制度の拡充及び各種要件の緩和。6、産地間交流事業及び都市間交流事業に対する支援制度の創設。7、農業に関わる相続税猶予制度の適用要件及び免除要件の緩和。8、相続税納税猶予制度の適用要件及び免除要件の緩和。

閉会後農業委員のKさんと少しお話をしました。かつて一緒の会議で税金の問題が大きいとお聞きしていたので、私から触れました。Kさんは今でもそのように思っているようでした。

1つ気になったことがあります。代表者会議の資料で、専業農家が増えている自治体がありました。数軒ですが、どんな手立ての成果なのか、聞いてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です