夕方まめの散歩に出ると、鰯雲が空一面に広がって、秋だな~と感じました。

過ごしやすい季節になったので、資料調べもはかどります。でも最近夜なべは出来なくなって、決算の資料下調べもできて1時までです。情けない限りですが、数字ばかりみていると、夜はやはりきついですね。眠くなったら終了にし、布団に入りますが、布団に入った瞬間に目が冴えるのはなぜでしょう。本当に不思議です。布団に入ってから、誘眠剤代わりに本を読みます。今読んでいるのは、広瀬隆著の「チェルノブイリの少年たち」です。ドキュメントなのですが、恐ろしい情景が続きます。

季節を感じる事ができる幸せを。原発をゼロにするまでがんばらねばと、あらたな決意がわく本です。

 

おすすめの記事