市民の会主催の学習会が、青木会館で開催されました。講師は、池上洋通氏。

テーマは、「主権者として川口の大地に立つときが来た」

大日本帝国憲法と日本国憲法からお話が始まりました。

憲法前文は読めば読むほど、素晴らしい言葉が満載だと気が付きます。まず、日本の国民だけのことを言っているわけではなく、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」そして、日本に在住している人々の権利も保障しているのです。

しかし、その権利は天から降ってきたものではなく、自ら闘い勝ち取らなければならない。それは義務であると。

今こそ、憲法を暮らしに活かすため、立ち上がらなければならない。と強く感じました。

池上洋通氏

おすすめの記事