川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-06-04(22:01) 平和 行動 集会

午前10時から、北浦和公園で市民と野党4党の共闘集会が開催され、1万3200人の参加で大成功しました。

プレ企画として、歌と音楽の文化行事があり和やかな雰囲気で始まりました。

主催者挨拶(小出重義実行委員長)の後、後援挨拶(山下茂埼玉弁護士会会長、佐藤道明連合埼玉事務局長、宍戸出埼労連事務局長)連合と埼労連が同じ舞台で挨拶は画期的です。

政党挨拶(民進党・枝野幸男議員、日本共産党・小池晃議員、社民党・福島瑞穂議員、自由党・青木愛議員)自由党の青木議員は挨拶を原稿にし読み上げました。それだけ重要な集会であると位置づけられていると感じました。

ゲストスピーチは、国際ジャーナリストの伊藤千尋さん.韓国の大統領に対する市民運動は、日本での国会前行動に勇気づけられた結果だと。また、アメリカの9.11テロの後、3日で国中が愛国心で国が変わった。戦争に突き進む中、国会でただ1人反対をしたバーバラリー議員はなぜ反対したかを市民に説明をし続け、その結果市民の考えも変わったという事です。また韓国の人々はメディアを信じていない。だからスマホで集会など拡散して世論を作り上げている。だから、日本でもやればできる。行動する事と、あきらめないこと、そうすれば声は届く。今日の集会はとっても良いお話をたくさん聞きました。1万3200人しか聞いていないなんてもったいないと思うほど。

集会後、2コースに分かれてデモ行進。市民にアピールしました。川口市は2区なのでありがたいことに早くデモ行進が開始されました。横断幕を持つのは、平川みちや衆議院予定候補、金子信男オール川口世話人、菅かつみ衆議院予定候補秘書の大嶋氏。菅さんは北海道での用事があり集会には来ましたが、デモには参加できなかったそうです。こんなメンバーが一緒にデモをすることが夢みたいです。安倍政権の支持率も激減しているようですし、闘いがいがあるというものでしょう。沿道の方からも手を振っていただき励ましてもらいました。

今日は川口市では母親大会も行われています。急いで、会場に向かいました。午後は全大会が行われ、各団体の活動紹介後、記念講演です。「歴史のリレーランナー」として生きる。と題して、白神優理子弁護士のお話を聞きました。歯切れがよく、ぽんぽんと話す内容は、安倍政権がやろうとしている、憲法違反の行動をわかりやすく、パワーポイントも使い楽しい話でした。楽しいというには内容が怖く許せない安倍暴走政権の行く末ですが、本当にわかりやすい話でした。歳は話の内容から30歳そこそこだと思いますが、頼もしい弁護士さんです。

夜は、連合町会関連の総会と懇親会があり、懇親会に参加してきました。全議員が挨拶をしますが、私は埼玉県で初めての公立夜間中学が川口市芝に設置されることになり、6月定例議会に補正予算が提案されました。と挨拶しました。各テーブルを回って挨拶をしていると、夜間中学は応援している、頑張って。と言ってくれた方がいました。本当にうれしい声です。

今日は一日大忙しでしたが、元気が出る話をたくさん聞いて、体はヘロヘロでも、頭はギンギンです。

後援の挨拶、お3方。

枝野幸男議員

小池晃議員

福島瑞穂議員

青木愛議員。国会議員は挨拶した議員の他、民進党、日本共産党それぞれ2人参加しています。

伊藤千尋氏

13200人のコール

浦和駅までデモ行進。

川口母親大会に日本共産党として挨拶する、村岡県議

白神優理子弁護士

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です