川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-05-17(23:53) 教育・こども

午前中は、安行中学の特別支援学級の視察に矢野議員、井上議員と行ってきました。安行中学は、校舎の増築があり、今年4月から、新校舎での教育も始まっています。しかし建築工事は終了しておらず、校庭は半分ほどしかありません。体育や部活動などの支障が出ているようです。

特別支援学級の説明は磯奈保子校長先生が対応して下さいました。安行中学校は各学年6学級ある大規模校です。支援学級は、知的が3学級、情緒が1学級の4学級です。授業の様子を少し見させていただきました。刺繍と切り絵をしていました。授業を見終わって廊下で話を聞いている時に、休み時間になり生徒が私たちの周りを行き来していますが、皆自然に挨拶がでます。「こんにちは~」と。とても気持ちが良い、明るい学校でした。

川口市は特別支援学級が、全校には設置されていません。市としての目標50%には中学校はあと1校です。小学校は52校中17校の設置です。小学校の設置を急ぐ必要があると思います。すべての学校に設置されるよう、後押しをしていきたいと思います。草加市では全校設置となっているようです。すべての子どもの教育を保障するためにも、全校設置を頑張ります。また、教師についても聞きました。安行中では、4学級に6人の先生がいますが、2人は臨任の先生です。一般的に先生の待遇にも課題があります。県への働きかけなどで改善されるよう頑張りたいです。

午後からは、自主夜間中学の運営をされている、野川さん、小松さんと懇談を行いました。川口市は市長の英断で公立中学校夜間学級の設置が発表されています。国、県、市への対応や働きかけなども含め、いろいろ話を伺いました。また、法整備は進みましたが、県に協議会の設置と協議会に民間組織からも構成メンバーとして入れるよう要望してきたとのことでした。埼玉県に1校では公立夜間中学も不十分です。当然の要求だと思いました。

教育の環境整備は進んでいますが、まだまだ課題はあります。

支援学級の教室

グラウンドには工事のバックヤードがあり、ずいぶん狭くなっています。

自主夜間中学の皆さんとの懇談

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です