川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-05-14(22:56) まちづくり

昨日の雨で開催が心配された、芝ふるさとまつりは暑くもなく絶好の天気でした。芝ふるさとまつりは、24町会が自主的に財政も運営も開催しているまつりでした。2年ほど前から市からの助成も受け入れて行っているのですが、町会の役員さんにお聞きしたところ、町会のテントがそうではないかということでした。財政でも自立していることは本当に立派です。さらに、今年は企画でも芝の歴史を勉強できるコーナーがあり良かったです。歴史のない地域はありませんが、文献が残っていることが重要ですね。芝という地名は600年前から文献に残っているそうです。今日知りました。

村岡県議と町会のテント回りをして挨拶に伺いました。みなさん笑顔で迎えて下さりほっこりです。

いつもながら、お子さんとそのご両親の若いママやパパが多い。びっくりです。役員さんたちの準備には頭が下がりますが、お祭りに来て下さる地域の皆さんにも感謝です。

頂いたお弁当と町会長手作りのトン汁を食べて、13時過ぎにお先に帰ることにしました。今日は母の日ですので、二人の母に花をプレゼントをするため花屋さんに。長野の母は郵送するので、一日遅れの母の日ですが、大宮の母には直接持っていきました。お茶をしながら久しぶりの話をました。母はさいたま市の市長選挙のお手伝いをしている事がやりがいとなっているようです。あったか先生を何としても当選させたいね。と頑張る母の姿にはほこりがあります。できる事をやっているだけと言いますが、それが大事です。また、地域の方にも気遣っていただき活動をしているのだろうけど。地域の方にも感謝です。

写真を撮り忘れたのですが、会場の外にはいつも消防自動車があり、子どもたちなど乗らせてくれます。消防団も募集中ですので、興味のある方は、ご連絡をしてみてください。

町会のテントで、村岡県議とご挨拶。

こども神輿もでました

ベーゴマも定番です。

芝の歴史探索コーナー

ふれあい動物園

小谷場中学校ダンス部の演技

二人の母に送った、「銀河」と言う名前の紫陽花

次女から送ってもらった母の日の花

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です