川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-03-31(23:26) 国政

FBに日本共産党の清水忠史議員が「押し紙」について、消費者問題に関する特別委員会で質問をしたと投稿がありました。

「押し紙」とは、新聞本社が販売店に供給している新聞の内、販売店から個別の読者に配られる新聞以外の大量の新聞ですが、これは古紙として廃棄されるものです。さらに廃棄する新聞を販売店は買い取らされているというのです。押し紙は販売店の経営を圧迫していることはもちろんですが、借金をして支払いをしている販売店もあるとのことです。販売店の弱い立場から異議を言えないこともあるそうです。初めて聞いたことですが、こんな理不尽なことがまかり通っているとは信じられませんでした。

日本では、全国で販売店が宅配をしているので、新聞を家でゆっくりと読むことができます。私の家に届けてくれる販売店には、就学援助を受けて頑張っている学生もいると聞いています。販売店をまもるため、清水議員に頑張って下さいとエールを送ります。

午前、午後と活動をした後、まめの受診。ワクチン接種とフィラリア予防と爪切り。大人しくてドクターに可愛いを連発されました。(;´∀`)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です