川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-03-29(22:11) 医療・介護

川口市社会保障推進協議会・高齢者介護グループと市の懇談があり、陪席してきました。

介護事業所の現場で働いている方たちの率直な意見や要望が聞けました。事前に質問や要望書を提出してありその答弁に対してさらに深める懇談になりました。医療と介護の連携、地域包括ケアセンターの位置づけ、総合事業への確認や不安などなど。

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」では、医療生協さいたまの介護事業所「かがやき」が今年3月から開設しました。他2カ所開設しています。「かがやき」の現場では、職員確保が大変だったこと、人員確保での支援をしてほしいことと、事業そのものの周知を「広報かわぐち」などで掲載してほしい、とかなり具体的な要望が出されました。

これから始まる「介護予防・日常生活支援総合事業」については、かなりわかりにくい事業です。しかし、利用する方たちにとって、同様のサービスが負担増とならないで利用が可能なのかが一番の関心です。市の答弁では、来年度は報酬単価は維持していく。しかし、30年以降については、やはり軽度の方の排除が行われる可能性もあるのではないかと心配は残ります。

今日の懇談は、市民、事業者、市担当課が穏やかに意見交換する方式で、建設的だと感じました。今日出された意見などしっかりと政策に反映してほしいと思います。現場の声は大事です。

13時開会、芝園公民館の憩いの広場に参加。今日は、せっちゃんと九官鳥のラストコンサート。矢作さんお疲れ様でした。

社保協・米田さんの開会あいさつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です