川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2017-03-28(22:52) 市政 集会

午前中は地域訪問をしました。お留守が多く、数軒目でやっと対話ができました。

いつも、日本共産党を応援してくれる方との対話ですので、楽しい対話でもありました。対話の終盤に知人から聞いた話を始めました。それは、生活保護を受けている方ですが、毎日お酒を飲み働かない毎日を送っている。そんな人を数人知っている。夫は77歳だが今も働いていて、夜お酒を飲むのも体の事を考え控える毎日なので、あの方たちの事を考えると働くのが嫌になる。

そんな話でした。生活保護を受けている人がすべてそんな方ばかりではないのですが、確かにそういう方もいるのでしょう。保護課にすれば、60歳代でも働ける方には就労の指導をしているはずです。行き過ぎた就労指導には気を付けなければいけないと思いますが、生活を立て直すことも大事ですので、自立支援は大事です。福祉課のケースワーカーが受け持つ世帯は多く、一人の限界を超えていることから、ケースワーカーの増員を常に言っているのが現状でもあります。今日聞いたお話は、福祉課に伝えたり課の様子を聞いてみようと思います。

昼は、医療生協の支部の集まりに参加してきました。午前は花見、午後は総会で、その合間のランチタイムに一緒にお昼を食べたのです。ご近所のお店で手作りのお弁当が美味しかった。さらに、連鶴の折り紙と渡し舟をいただきました。鶴は今度おり方を習ってみたいほどです。渡し舟は、同じ折り方の紙を重ねただけですが、大きさの違いから奥の深い作品になっています。

午後は、介護保険運営協議会がありました。来年度は保険料や給付など大事な審議が行われます。報告事項ではアンケート調査の簡単な報告がありました。大変よい調査が行われたと感じましたが、分析の仕方で意見をだしました。それは、年齢別介護度調査に関して、年齢が高いから介護度が高いわけではありません。では、介護度が低い方の生活習慣や好みや運動、文化などどんな違いが介護度を低くしているのか、分析ができないかと思ったのです。調査を委託している業者さんも重要な点だと分かっていただきましたので、調査報告書に期待をしたいと思います。その、分析は市政に必ず役に立つと思うからです。

渡し舟

近所の桜は、まだつぼみが固そう。でも少しピンクが見えています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です