川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-10-24(21:43) 日本共産党

日本共産党は野党共闘を進めて安倍自公政権を打倒するのが、現在の目標です。新潟県知事の勝利は元気をもらいました。新潟県民の後を続けとばかりに、地域でも頑張る!

今日は午前中は定例の会議でした。まず、学習です。学習文章の中に「『階級闘争の弁証法』をつかむことが大切。」とありました。これはどういうことか。と論議になりました。

金子市議が解説。「金子の発言に対して、反対意見などたくさんが出される。それを受けて板橋市議がさらに意見を出す。これは弁証法での論議であり、市議団の団会議でよく目にする場面です。」

確かに、けんかになりそうなほどの討議になることがありますが、そんなときほど、良い結論が導き出されると思います。

手間暇がかかりますが、話し合いはやはり大切です。

日曜日に訪問したお宅で、話をしましたが、その方は、中国や北朝鮮の脅威に対して、武力の必要性を信じていました。戦争は反対であるにもかかわらずです。現在自衛隊が南スーダンに派遣されようとしていることは、戦争に直結する恐れもあります。脅威と思う国とも粘り強い話し合いをする中で、平和は保つのではないかと、私の考えを話しましたが、その方は、そうではないと言い続けていました。話し合いも平行線の場合尻切れトンボで帰ることもあり、なんだか辛いです。また、訪問をして話ができれば良いのですが、今度はいつ来られるかわからないので、気持ちがもやもやしたままでつらいです。また、逆に論破したとしたら、訪問した先の方にもやもやが残り、良くないですね。弁証法で話ができたらいいのですが。(;´∀`)

これからは、地域の方たちと訪問をして対話をたくさんしていきます。大運動中の日本共産党が何を考え、どんな日本を目指しているのか話すためです。

まめとも話し合いができるといいのだけれど。

まめとも話し合いができるといいのだけれど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です