川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-09-17(23:35) 平和

オール川口主催の基地見学に参加してきました。マイクロバスを借りて、22人で早朝よりまずは横田基地に向かいました。

埼玉県平和委員会事務局長の二橋さんを講師に話を聞きながらの道中です。二橋さんの話によりますと、

埼玉県には2つの米軍基地(所沢、大和田)2つの航空基地(入間、熊谷)2つの陸上自衛隊(朝霞、大宮)そして防衛省直轄大井通信所の7カ所です。その他大宮科学学校、防衛医科大学などあります。

横田基地では訓練が変わってきているようです。有視飛行を行うので低空飛行が増えているので、埼玉上空も爆音で飛んでいる姿が見られます。また、横田基地にはオスプレイが配備されていますが、オスプレイが出す低周波は人にも動物にも影響があります。ハワイではコウモリの生態系に影響があるので、飛ぶことができなくなりました。日本人はハワイのコウモリ以下と言われているようです。また、横田基地の滑走路は改修されていますが、その時に補強がされています、。岩国基地と全く一緒です。改修と称して補強をする。

横田基地では、日米友好祭りが開催され基地内に入ることができたので、米軍と自衛隊の飛行機や装備など見てきました。

12時半に集合して次の入間基地に向かいました。入間基地は中に入れませんので、隣の公園からフェンス越しに見学しながら二橋さんの説明を聞きました。公園はかつて米軍だったところが払い下げになり入間市は防災公園として市民に開放しています。自然に生えてきた木々に囲まれ、すがすがしい空気はとっても貴重です。2度ほど空気が低い感じがしました。防災公園の隣に保留地が28haありますが、そこに自衛隊病院や災害対策拠点建設が計画されていると懸念が広がっています。この公園には学校が隣接しています。また、入間基地周辺では防音対策として2重窓になっているのだそうです。公園や保留地にある木々が防音の役割も果たし環境保全にも役立っているのに壊してしまうというこの計画には、人間としての破滅を感じます。

埼玉県にある米軍や自衛隊の基地は、旧日本軍があった場所にそのまま基地として移行したものです。だから、沖縄と同じように埼玉県民が自ら基地に差し出した場所は一カ所もないのだと、二橋さんはおっしゃいました。そう考えれば、日本人で自ら進んで基地に土地を差し出した人はいないのかもしれません。

とても濃い学習と体験をしました。

横田基地入口。 入口から入るときに、IDの提示とバッグの中を見せてOKをもらい入場です。

横田基地入口。
入口から入るときに、IDの提示とバッグの中を見せてOKをもらい入場です。

空輸機など入ることができました。長い行列でしたので、あきらめました。

空輸機など入ることができました。長い行列でしたので、あきらめました。

祭り会場の隣が4㎞の滑走路。その向こうに米軍宿舎が見えます。広大な基地です。

祭り会場の隣が4㎞の滑走路。その向こうに米軍宿舎が見えます。広大な基地です。

基地内には必ず鳥居があるそうです。でも、土砂崩れで埋まった鳥居のようで、ちょっと変。馬鹿にされているようです。

基地内には必ず鳥居があるそうです。でも、土砂崩れで埋まった鳥居のようで、ちょっと変。馬鹿にされているようです。

レモネードを買ってみました。氷も入ってなくぬるい物。チーズケーキも買いましたが、冷蔵していなくて、商品をおいしい状態で売るという基本がないのだと思いました。

レモネードを買ってみました。氷も入ってなくぬるい物。チーズケーキも買いましたが、冷蔵していなくて、商品をおいしい状態で売るという基本がないのだと思いました。

自衛隊の勧誘テント。アンケートは13歳から18歳の方にしていました。ちょっと怖い。 自衛隊の軍服を試着するコーナーでは人が並んでいました。

自衛隊の勧誘テント。アンケートは13歳から18歳の方にしていました。ちょっと怖い。
自衛隊の軍服を試着するコーナーでは人が並んでいました。

自然豊かな防災公園で、二橋さんの話を聞きました。

入間基地隣の自然豊かな防災公園で、二橋さんの話を聞きました。

説明を聞く向こうには、学校が見えます。

説明を聞く向こうには、学校が見えます。

太陽光発電の街路灯。 川口市も設置してほしい。充電機も開発されてきたので、是非。

太陽光発電の街路灯。
川口市も設置してほしい。充電機も開発されてきたので、是非。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です