川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-09-04(22:53) 学習会 平和

毎年9月4日にさいたま市常泉寺で虐殺された朝鮮人・羹さんのお墓参りをします。常泉寺の住職さんによるお経を聞きながら、参加者みんなで線香を手向けながら手を合わせました。

今年はその後、片柳コミュニティセンターで、学習会です。日朝協会埼玉県連副理事長の関原氏が調べ上げた資料を基に学習をしました。日朝協会は政府に質問主意書を提出したそうです。

「関東大震災時の朝鮮人、中国人等虐殺事件に関する質問主意書」で2016年5月27日のことです。

1政府は、関東大震災時における朝鮮人、中国人等の虐殺事件に日本政府が関与していたことを事実として認定するか。

2略、日弁連「勧告書」への対応について

3略、中央防災会議の「報告書」への対応について

政府答弁は、

「お尋ねの関東大震災時における朝鮮人、中国人等の虐殺事件に日本政府が関与したこと。については、調査した限りでは、政府内にその事実関係を把握することができる記録が見当たらないことから、お尋ねについてお答えすることは困難である。」

というものでした。

しかし、自警団に対する裁判記録があります。

政府の対応は予想できる範囲ですが、歴史にふたをすることは今後のことを考えても許しておくわけにはいきません。

常泉寺の境内にある、広島・長崎の碑

常泉寺の境内にある、広島・長崎の碑

住職のお経を聞きながら、みんなでお参り。

住職のお経を聞きながら、みんなでお参り。虐殺された朝鮮人・羹大興さんの名前が書かれた貴重な墓石。

コミセンで行われた学習会に先立ち挨拶する、在日本大韓民国民団埼玉県地方本部、団長さん。

コミセンで行われた学習会に先立ち挨拶する、在日本大韓民国民団埼玉県地方本部、団長さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です