川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2012-09-26(22:12) 学習会

市民の会主催で、「原発や化石燃料に依存しない再生可能エネルギー中心の社会へ」というテーマの学習会に参加しました。講師は、省エネを主に研究されていると言う歌川学先生です。

再生可能エネルギーを推進するには、省エネにも取り組んでいかないと進まないと先生は話されましたが、そう言う話は初めて聞いたような気がします。とても新鮮でした。確かによく考えれば、当然です。再生可能エネルギーを生み出す手段は色々ありますが、地域環境により、出来ない事・向いている発電方法もありますから大きなエネルギーをすぐに生み出す事は不可能だからです。川口市では太陽光やバイオマス発電が向いていると言う事です。

また、莫大なエネルギーロスがあると言う話にもびっくりです。日本では、エネルギーの3分の1しか有効利用出来ていなく、3分の2は排熱で捨てているとの事です。何と言う事でしょう。また、その排熱がヒートアイランド現象を起こしているのだそうです。

今日の学習会はびっくりするお話で大変勉強になりましたが、理解するにはとても難しいと言うのも本当のところでした。さらに学習をしないと、聞いて終わってしまうので先生の著書を探そうと思います。あると良いのですが。

まめも原発ゼロの日本を願っていると信じて

2 Responses to 再生可能エネルギーの学習会

  1. 土屋 より:

    自然エネルギーの開発は待った無しですね。原発再稼働はスカイツリーやリニアモーターカーなどの高価な物に使われているということが明らかになっています。さて、このところ、交通機関の乱れも増えています。京急の脱線事故で長時間のマヒ。人身事故が毎日のように起きていますが、ホームドアばかりでなく、駅構内にガードマンを置くなどの措置は急務ではないでしょうか? 最終的には人間ですし、雇用安定にもなりますしね。当然正社員で行うべきです。

    • imai より:

      土屋さんのおっしゃる通りだと思います。交通機関の安全対策は、人件費対策ともいえる問題です。やはり、安全は機械任せでなく、最終的には人の力が必要ですよね。勿論正社員の力で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です