川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2012-09-25(19:35) 市政

消防というと、あまり活躍してほしくない部署ですよね。でも、消防に携わる方達はいつ起こるか分からない火事や救急のために、休みの日もいつ呼び出されるか分からないと言う、毎日を送っています。本当にご苦労様です。

今日消防本部の職員さんに色々お話を聞きました。放火を防ぐには自転車やバイクのカバーを防火用にするのも一つの工夫だそうです。放火のニュースで、自転車やバイクのボヤなどが報道される時がありますが、あれは、自転車やバイクそのものが燃えるのではなく、カバーが燃えるのだそうです。火災予防の広報などでもお知らせしているようですが、防火用カバー普及には高価である事がネックなようです。ネットで調べてみましたが、1万円前後しますね。また娘に聞いてみましたが、娘が購入したカバーは8千円もしましたが、防火用ではありませんでした。「防火用は高くて買えない」と言っていましたが、お金では変えられない事態を避けるためには必要経費です。

これから、乾燥する冬に向かいますので火事や放火には注意しましょう。

まめのカッパは、防水のみ。

2 Responses to 消防について

  1. 金子幸弘 より:

    今井さんが気になった観点は聞いていてさすがだなあとおもいました。体を張って仕事をする消防職員さんや消防団員さんの健康診断がどのような状況なのか、会社で受けている人もいると説明してたけどはたしてそれがどれほどなのか気になりました。消防団員さんというと商店街の方や定年退職後の方を思い浮かべるからです。

    • imai より:

      金子さん、コメントありがとうございます。ほめられるのは、本当に久しぶりの様な気がします。ほめられるとやはり嬉しいですね。でも、金子さんの指摘は半分だけあっているということでしょうか。実は昨年のヒヤリングでのやり取りを経験しているので、大切だと私も思い継承しているのが本当のところです。昨年は、検査項目に眼底を入れて!と言った記憶がありますが。共産党市議団は、市民の要求を大事にする事は勿論ですが、市職員を大事にする事も忘れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です