川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-04-09(21:23) 国政

野党共闘が進んだと、ほっとしたのもつかの間。野党5党(当時)での確認がしっかりとできているのか疑問です。日本共産党は「戦争法を廃止に」「立憲主義を守る」と何をおいてもこの大事な、議会制民主主義や国民の幸せの原点「平和」を守るために、国民の声を実現したのです。その、野党共闘が国会の中央レベルで、ごたごたしています。

地域で訪問して対話をすると、野党共闘はやはり多くの方が望んでいると感じます。この声に真摯に答えてほしいと「民進党」には強く思います。

日本共産党は、民進党の態度が合意からは遠いものであるので、野党共闘を待っていては間に合わなくなるので、衆議院選挙の準備を始めると決めました。

野党共闘なしでは小選挙区では明らかにマイナスだと思います。野党協力が進めば、得票が増えるだけではなく、投票率も上がるのではないかと期待しているからです。なぜ、民進党は野党共闘の合意を果たそうとしないのでしょうか。そんなに、日本共産党が怖いのか、嫌いなのか、理解できないのか、信用できないのか。なぜかわかりません。

話し合いのテーブルについてもらいたい。心からそう思います。

IMG_7603[1]

2 Responses to 衆議院選挙について

  1. 鈴木 佑 より:

    ご苦労様です。蕨の鈴木佑です。
    僕も先日、川口駅の民進党の演説会に行ったのですが、戦争法や野党共闘の話はあまりありませんでした。
    埼玉2区では、すでに民進党は候補者を決めていますから、共産党が候補者を立てるのか
    野党共闘ができるか、とても気になるところです。
    個人的には、戦争法廃止のために候補者を一本化できればいいなと思っています。
    もちろん、僕は共産党を応援しているので
    どういう形になっても安倍政権を倒すために
    声をあげていきます!

    • imai より:

      佑君、コメントありがとう!
      国政選挙での野党共闘が確認できているので、参議院であろうと衆議院であろうと、話し合いの場をきちんと持つべきだと思いますが、民進党は共産党との協議を拒否しているので、すすんでいないようです。
      川口の衆議院選挙は、埼玉2区として定数1に対して、旧民主党から候補者が立っていますね。
      今日、日本共産党中央委員会の総会があり、衆議院での候補者の準備を行うと報告されました。
      川口市でも、準備は進めます。しかし、野党共闘をしないというわけではなく、候補者の準備はすすめつつ、協議の結果共闘ができれば、統一候補者となる可能性もありますね。
      私も、野党統一候補になれば、得票も増えると思いますが、投票率も上がると思うので、民進党には協議の場に来てほしいと強く思っています。佑君の応援もありがとうね。
      ところで、学校はどうですか?まだ、始まって間もないけど楽しく行ってますか。
      佑君の有意義な学校生活を応援していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です