川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-03-13(22:12) 教育・こども

中学3年生の少年が自殺をした。自ら命を絶つとは、壮絶なことです。

少年の人権はあったのでしょうか。

誤った情報が訂正されず、その間違った情報をもとに高校の推薦が得られなかったことが原因かもしれないと報道されている。しかし、情報が訂正されなかったことが問題なのだろうか。勿論やってもいない犯罪が個人情報になるとは恐ろしいことで、それは冤罪です。しかも、教育現場で何の罪もない少年の個人情報になるとはあってはならない事。

いっぽう教育とは、子どもたちに人権を教え、主権者としての権利を子どもたちに教え、事の判断ができるように育てる事ではないでしょうか。小さな罪を犯したとしても、事の善悪を教え導くのが教育ではないのでしょうか。

ずいぶん前、「落ちこぼれ」という言葉が良く聞かれました。正しくは「落ちこぼし」で本人の意思ではなく教育の方針がどの子供にも分かるように教えるという、あたりまえのことができなくなったと思っています。

権利は知らなければ使う事ができない。昨日池上先生に教えてもらった言葉です。

だから、教育は大事なのです。子どもたちが等しく学ぶ環境が整うように市政の立場からがんばります。悲しい出来事が起こらないように。

合掌

IMG_7390[1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です