川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-02-21(22:52) 学習会 行動

朝10時10分から、蕨駅東口交差点で村岡県議の街頭演説。私今井は、司会を務めました。

話の内容は、もちろん5党党首の合意ができ、戦争法廃止、立憲主義をまもるための選挙協力の体制に1歩前進したことです。村岡県議は「画期的なこと」と評しました。

戦争法を通した自民党、公明党の議員を少数派にし、戦争法を廃止にするための議員を多数派すること。そして、合意はできていないけど、野党連合政府ができれば、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を撤回できるのです。それも大事な目的です。

さあ、選挙をがんばるぞ!と元気がでました。

街頭演説が終わると、2月24日に行われる地域総行動のチラシ配布です。毎年地域の要求や労働者の要求を掲げて、地域で集会してデモに繰り出します。そのチラシを配り地域に周知するのです。たくさんの方が集まってくれると良いのですが。SU支部の吉沢さんと配りました。

お昼には、髪をカットしてきました。さっぱり!

午後からは、革新懇の総会とフォーラムに参加。

今日のフォーラムは、NPO法人アジア太平洋資料センター事務局長の内田聖子さんのTPP学習会。

各国の状況が様々な中で、経済のグローバル化をはかり自由貿易の一元化を企てているのが、TPP。アメリカが参加した2010年から、恐るべき暴力性が拡大してきた。

TPPは広範囲にわたるものですが、内田さんはいくつかに絞って話をされました。

①農業・・政府の嘘っぱちが暴露された。重要5品目もずたずた。

②食の安全化・・貿易と手続きのスピード化。戦略的商品(アメリカにとって?)は安全より輸入拡大を。

③医療・・国民皆保険は崩壊か。既に薬価審議会等にメーカーの参加あり。ワクチンビジネス=効果に疑問があっても推進(子宮頸がんワクチンが良い例)

④知的財産権・・著作権の保護期間延長。日本は延長でメリットなし。アメリカはディズニーやプーさんなど大企業にはメリット大。さらに著作権の侵害に関して著作権者の告訴がなくても起訴、処罰できる「非親告罪化」が問題。

TPPは今では、アメリカ国内でも反対の世論があり、議会でも問題視されている。自民党はTPPに反対ではなかったのか。そんなポスターもあったし。

とにかく批准だけは阻止したい。みんなの力で、。

IMG_7310[1]

TPPの問題点を分かりやすく、かつ熱く語ってくれた内田さん

TPPの問題点を分かりやすく、かつ熱く語ってくれた内田さん

今日は同じ時間に、かわぐち9条の会も集会がありましたが、革新懇にたくさんの方が来てくれました。9条の会にも多くの参加者がいたでしょうね。

今日は同じ時間に、かわぐち9条の会も集会がありましたが、革新懇にたくさんの方が来てくれました。9条の会にも多くの参加者がいたでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です