川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2016-01-31(22:05) くらし 日本共産党

今までの寒さがすこし和らいだ日でした。午前中は、芝西地域でKさんご夫婦とNさんと交代で訪問しました。

Kさんと訪問の時です。以前少し強引にお願いして新聞を購読してもらったお宅に行きました。対話をしてると、やはり戦争はぜったいに反対と戦争体験を少し伺いました。そして、今年は参議院選挙が7月にあることが、戦争法を廃止する国会づくりのチャンスだとお話ししました。その他色々話を聞いたり、私も話をさせて頂きました。寒い中御苦労さま、と新聞を快く購読してもらうことができました。対話って大事です。

今は、「戦争法を廃止にする2000万人署名」を持って、支持者だけではなくどこでも訪問してお話をさせて頂いています。中には、戦争は反対だけど、持ってきたのが日本共産党の人だから署名はしない。という方もいます。また、日本共産党と聞くと「関係ない」と言われる事もまだあります。話をすれば分る事もあるのですけどね。アナログでも、一人一人との対話がどれだけできるか、戦争法を廃止するにはここがポイントだと思います。

Nさんと訪問したお宅に、Tさん宅がありました。玄関に出てきたTさんは私の知り合いでした。Tさんは、子どもの不登校等の問題に関しての活動をしている方です。毎年行っている、「こまりごと相談所」でも、子育て関連の相談専門員として参加してくれている方です。今日は、少し不登校などの話をお聞きしました。やはり現場の声を聞く事は勉強になります。Tさんには、また話を聞かせて下さい。とお願いしました。すると、Tさんは「話を聞いてくれてありがとう。」というのです。話を聞くことの意義を感じた瞬間でした。

午後1時からは、小谷場親和会の新年会でした。親和会には会長の針井さんから加入をすすめられて入れて頂きました。親和会はざっくばらんな会で皆さん気さくな方ばかりです。いつも楽しく活動も参加できますので、こんなに楽しい会に入れて頂き、針井会長には感謝です。今日は、空き家対策についてご相談がありました。担当課に確認することをお約束しました。

午後3時から、芝南地域で訪問しました。後援会ニュースを読んでいただいている支持者訪問です。息子さんがいる方、お孫さんが男の子の方、また、ご自身が戦争体験をしている方は、そろって戦争反対と言い、2000万人署名にも協力していただきます。商店主さんには、お客が1人もこないお店の店番をし、年金も少なくなったくらしの中で、何を削って暮らしていけばいいかという方もいます。友人には土日の新聞をやめて、平日だけにしている方のお話をしておられました。そんな事ができるのですね。安倍首相に国民のくらしがどんなにつらいか、付きつけてやりたいです。口利きなどで不正な献金を授受する体質は自民党や保守層には当然なのでしょう。悪いとも思っていないのでしょう。私たちが頑張って、選挙で罰が当たる様にします。今日の訪問で本当にそう思いました。

ストーブの前を占領するまめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です