川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-12-21(22:02) 市政

今日は12月市議会の閉会日。

一般会計28億7214万1000円が増額補正他、小型自動車競走事業、下水道事業、国民健康保険事業など採決されました。

一般議案では、133号から175号までが常任委員会に付託され、その審議が委員長から報告されました。

私たち日本共産党は、一般議案の134号「川口市税条例の一部を改正する条例」(マイナンバーに関わる議案136号「行政手続きにおける特定の個人を認識するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例」(マイナンバーを庁内利用等に関する条例)

議案142号「川口市川口駅東口公共広場設置及び管理条例の一部を改正する条例」(キュポラ広場の利用に関する条例改正)にそれぞれ反対をして、討論を行いました。

また、今議会には請願「新郷たたら荘の移転にともなう風呂の存続を求める請願」が提出され、我日本共産党は紹介議員になり賛成の立場から討論も行いました。

さらに、本日議員提案の議案が4件、

議員提案第14号「川口市議会会議規則の一部を改正する規則」(議員が出産のために出席できない時には欠席届を提出できるようにする)

議員提案第15号「川口市議会会議規則の一部を改正する規則」(懲罰事犯の際の懲罰動議を提出する期間の延長)

議員提案第16号「川口市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例」(議員報酬等の懲罰減額)

議員提案第17号「国民健康保険制度の改革にあたり国庫負担割合の引き上げを求める意見書

第15号、16号に提案者は自民党です。この案件は、議会内の小委員会で審議を進めてきた案件です。しかし、全会派一致していません。川口市議会の申し合わせとして全会一致に努力してきた歴史があります。最大会派の自民党も少数会派も同様に一致する点を大事にしてきました。議員提案17号はまさしく全会派の提案ですから、その努力の結果です。

しかし、15号、16号は審議も不十分なものを自民党1党で提案してきました。

では、以下ある規則では不都合があるのか、不十分なのか。そこは、質疑の中でははっきりとした答弁は出来なかったと思います。

質疑をすればするほど、泥沼のようでした。

戦争法案を審議している国会を思いださせるようでした。(答弁不能で1回暫時休憩もあった)

時間が限られているので、採決になりましたが、日本共産党と川口新風会の2会派が反対討論もおこない、無所属の議員も含め12人が反対をしました。

賛成多数となりましたが、無駄ではなかったと思います。

終了予定時刻は2時15分でしたが、17時まで頑張りました。

自治法203号、議員報酬のページ

自治法203条、議員報酬のページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です