川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-12-19(20:08) 日本共産党

午後から芝園でつどいを開催しました。

村岡県議も参加してくれましたので、県議の様子もお話していただきました。県議会では、野党共闘が進んできていることなど報告されました。私は市民が一番注目しているであろう「マイナンバー」について報告。柳崎北園後援会でマイナンバー学習会を開催したところ、90人も参加者がいたと聞きました。ちょうど郵送された時期と合い参加者が多かったとも考えられますが、良くわからない制度だから、話を聞きたいと言う方も多かったのではないでしょうか。と市政について少し報告しました。

参加者からは、戦争法を廃止する取り組みが全国的に広がっているけど、60年安保や70年安保の時とは運動の広がりも運動の方法も違うと感想が出されました。また、戦争法を廃止にする請願署名を知人に訴え、5名分集めてきてくれたのがSさんでした。また、趣味の会の講師の方にも署名をお願いしてくれた事なども語っていただきました。2000万人署名の担い手は広がっていると頼もしく感じました。

2時間しか会場を借りていなかったので、あっという間に終了時間が来てしまいました。この地域は定期的に語るつどいが企画出来ていますが、ありがたいことです。

つどい終了後、村岡県議、Aさん、Yさん、今井の4人2組で、訪問行動を行いました。

事前に2000万人署名と協力依頼の手紙を付けてポストインしておいたお宅を訪問しました。

私は、芝富士町会をYさんと。

お留守も多かったのですが、会えた方の中には良い対話ができました。

戦争体験を話してくれた方は、3世代で暮らしている女性ですが、国会で決まったことだからと署名はしてくれませんでした。しかし、戦争体験は辛かったと話してくれる中で、戦争には反対であること、お父さんは自民支持だったけど、お母さんは共産党を支持していましたよ。と話して頂きました。さらに、ご自身も選挙は共産党に入れていると言って頂きました。

若い青年とも話ができました。彼は、今の運動には批判的でした。署名にも効果を期待できないとおっしゃっていました。でも、戦争は反対です。どうしたら、戦争法を廃止にできるか、戦争をしない平和な日本を維持できるか、考えているようです。とっても楽しい対話ができました。一致点は戦争反対です。でも、方法論が違う対話です。「これしかない。」のではなく、いろんな事を考えながら多くの人が戦争反対の行動ができれば、平和を守ることができると信じています。

日曜版の読者Oさんは、お友達に署名を訴えて5名分集めて待っていてくれました。しかも、カンパもいただきました。感激です。

庭に出ていた男性に、署名を事前に入れていた事を話、対話を始めると、「兄が自衛隊にいる」と話しながら、対話を拒否するような感じです。「私たち共産党は、自衛隊の人たちの命を守りたいのですよ。」と話しましたが、家に入ってしまいました。残念です。

今日は、事前に50軒のお宅に署名をポストインして訪問対話をしましたが、楽しい対話ができました。また、来月がんばります。

IMG_6914[1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です