川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-11-05(22:46) 国政

19時から大宮ソニック大ホールで、演説会が開催。

塩川てつや衆議院議員と梅村さえこ参議院議員の司会で、

伊藤岳さん、奥田ともこさん2人の、来年行われる参議院選挙での元気な決意。

岳さんは、3つのゼロ(返済ゼロの就学金制度、保育所の待機児ゼロ、特別養護老人ホーム待機者ゼロ)を最後に訴えました。

奥田さんは、TPPも、原発も、社会保障削減も、消費税増税も、戦争法も根っこは同じ、財界とアメリカ言いなりの安倍政権を打倒しなければと訴えました。

市田忠義さんは、戦争法の法案そのものの根拠が崩された国会での論戦を紹介。分りやすい話で安倍政権は退陣しかないと何度も何度も思いました。

そして、演説会冒頭に発言した、若者の話は、自衛官になった友人の事でした。母子家庭の彼は、借金を抱える就学援助で大学を卒業。その後は、安定した公務員、つまり自衛官を選ばざるを得なかったというのです。

アメリカでは、大学卒業者の多くが就学援助の借金を抱えていると新聞記事を見ました。日本も同じです。

そして、昨日NHKで中学を卒業した後に、自衛官としての道を選んだ子どもたちの特集が放映されていました。高校と同じ教科もありますが、給料が出るので(9万円程とテロップにありました)訓練などは過酷なものでした。富士山麓での訓練場面が出ていました。なぜ今このような番組が放映されるのか。意図的な物を感じます。

今夜の演説会でやるべきことが見えてきました。

また、頑張るしかありません。来年の参議院選挙で安倍政権を倒すほどの、野党議員を増やすために。そして、国民連合政府では、しっかりと役割を果たせるために、日本共産党を強く大きくするために。\(~o~)/

IMG_6734[1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です