川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-09-27(21:17) 市政

以前新郷地域、新郷蓮沼交差点で交通安全の要望が出され、市担当課につないだ経緯があります。変則的な交差点(十字ではなく、エックス形)であり、右折がし難いため、右折車があると渋滞になると言うことでした。さらに、商店が多く、買い物をする市民の安全面からも改善が必要でした。

地域の住民から、信号が変わり、バス交通がしやすくなったと聞いた。と情報があり、市交通安全対策課に問合せをしました。しかし、市では情報を持っておらず、武南警察に問合せをして、概要がわかりました。設置管理者は埼玉県浦和交通管理センターだと言うことでしたので、詳しくはやはりわかりませんでした。

TPPS・公共車線優先システムというものだと言うことです。ネットで調べましたので、その情報をアップします。

公共車両優先システム(PTPS)

バスなどの公共車両が、優先的に通行できるように支援するシステムです。

バス専用・優先レーンの設置や、違法走行車両への警告、優先信号制御などを行います。

主な効果

  • 利用者の利便性向上
  • 大量公共輸送機関の利用促進
  • バス運行の定時性確保
  • バスの信号停止時間の短縮
  • バス専用車線の違法走行の減少
  • バスの安全性の確保
    (右折車線への車線変更時、バスベイから本線への合流時)

この情報がそのまま、新郷蓮沼交差点で採用されているようではないかもしれません。また、詳しく調べてお知らせします。

川口市は道路整備が遅れている地域がまだまだたくさんあります。交通安全は急務だと思うのです。1つ1つ市民要求を実現して行くことと、市内全域を考慮した交通安全対策を進めることです。

2 Responses to 新郷地域で交通システムで改善

  1. だー より:

    テレビでやっていたぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です