川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-08-15(21:55) 平和

戦後70年の節目ということで、安倍首相は談話を発表しました。

キーワードが入ってるかが、取りざたされました。しかし、安倍首相が心から第二次世界大戦を反省し、謝罪をしたのか、そこが重要だと思うのです。

だから今日の新聞記事では、主語に「私」がないとか、歴史認識が曖昧であるとか、ただ長いだけとか批判されているのだと思います。

戦後50年の時の村山談話は、世界でも本当に政府の談話なのかと疑っていた国もあったと聞きました。村山さんは心からの言葉だったのでしょう。しかし、その時に連立与党として加わっていた政党は日頃の言動からそのように思われたのです。

今回の安倍首相も、靖国に参拝し、第二次世界大戦を侵略と認めない、従軍慰安婦問題にも誠実な対応がない、そもそも中国や韓国そしてアジアの国々と友好な関係を築く努力をしない。このような、首相が何を言っても信じられないのは当然です。

安倍首相が世界で平和を愛する首相だと信頼されるのは、安保法制を廃案にした時だと思います。(私は信頼しませんが)

高校生や大学生などの若者が立ちあがっています。心強いです。私たちも出来ることを精いっぱいがんばり、これからも戦後と言える時代を守ります。

IMG_5774[1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です