川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-07-19(21:26) くらし 市政

ごみ問題は実は、根が深い。そして難しい問題です。

川口市では、ごみ収集は市が行っていますが、ごみを出す場所(ごみ集積所)は町会や自治会が決めるとしています。ですから、町会、自治会の役員さん(特に町会長)は悩みの一番はごみであると言う方もいるほどです。

そしてごみ集積所のほとんどは、道路や歩道です。ごみは朝出しますので、小学生の通学路に集積所があったならば、大変。子どもたちの安全が担保できない状態のところもあるのではないかと危惧しています。実際、小谷場町会のある通りでは、通学路にごみが出される状態ですので、町会役員さんから心配の声が聞かれました。

その声を環境部に届け対策を相談しましたが、解決策はありません。

今日の新聞にごみ有料化の是非を問う記事がありました。

有料化の前に、分別や資源化、そしてごみの削減ですが、個人のモラル向上も必要ですので、さらに困難です。

今朝、小谷場町会の親和会の活動日でした。町内の美化活動です。私はいつものように、外環コースに行きました。

親和会の活動の成果もあり、町内はだいぶごみが減ってきました。しかし、外環側道の緑地帯は、家庭ごみらしき袋がいっぱい投げ込まれています。モラルの問題ですが、国も頻繁に掃除や草刈りをしてくれれば、かなりごみも減ると思います。きれいな所にはごみを捨てられない心情があるからです。

以前議会の一般質問に取り上げようとしましたが、個別収集しか解決はないと言われ、調査と学習がさらに必要だと思い質問を取りやめました。再チャレンジするべきできですね。

集めてきたごみを分別しているところ。 今日は暑かった!

集めてきたごみを分別しているところ。
今日は暑かった!

IMG_5817[1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です