川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-07-17(21:57) まちづくり 国政

午後3時から、フレンディアにて県南の自治体(さいたま市、蕨市、戸田市、桶川市、草加市、上尾市、川口市)で、河川問題治水問題等の要望を国に提出する決議を決めました。

今大会は、国会議員(ほとんどが秘書の出席ですが)、県会議員の出席が多かったような気がします。それに反して市議会議員がすくなかったような。

地域の水害問題では、要求がなかなか解決せず困っています。国会議員には本気で頑張ってもらいたいものです。

4時前には終了しました。

川口駅東口では、戦争法案を廃案にするための宣伝行動に頑張っている党と後援会の皆さんがいました。もちろん村岡県議と井上市議と参加しました。

猛暑の中、署名をしてくれる方、チラシを受け取ってくれる方、反応は良くなっていると思いますが、

「衆議院通ってしまったから、きまりでしょ?」

という男性がいました。

私は、マスコミの報道の仕方をみれば当然の反応だと思いました。今朝の新聞に掲載されていた、志位委員長のアピールを思い出し、マイクで訴えました。

予算や条例案などは、衆議院で通過したあと、参議院での採決が出来ない場合、60日をもって衆議院に回されるという、いわゆる60日ルールがあると、しきりにマスコミでは報道しており、昨日などはもうすでに法案が決まったかのような報道もありました。

しかし、法案は60日ルールでは決まらないのだと、志位委員長が言っていました。だから、国民の世論をさらに広げ廃案まで頑張ろうと運動の展望を語っていました。

ここはとても大事です。国会前の包囲網はさらに大きく広がってきています。廃案まで頑張る国民の声を無視する事は、自民党、公明党、安倍政権の政治生命を縮めることになるでしょう。打倒安倍政権です。

平川さんがマイクで訴えていました。

平川さんがマイクで訴えていました。

リレートーク 次は私の番

リレートーク
次は私の番

締めは村岡県議。 隣は、奥田参議院比例候補者

締めは村岡県議。
隣は、奥田参議院比例候補者

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です