川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-07-03(22:33) 教育・こども

来年度からの教科書を決めるため、検定に合格した教科書の展示がされていました。今日は最終日です。午前中に行きましたが、雨のためか私1人でした。

理科のコーナーでは、「理科」「科学」サイエンス」とタイトルも様々、単元や順番も様々です。ちょっと、びっくりでした。出版社によってこんなに違うものなのか。現場の先生たちは選ぶ調査が大変だと思いました。数学などは単元も順番もほぼ同じですので、比べ安いと思いましたが。

公民の教科書は、7社ありました。すべて見比べるわけにもいかないので、憲法と平和の項目をじっくりと見ました。今国会でも争点になっている、集団的自衛権や立憲主義、自衛隊の記述がどうなっているのか。やはり育鵬社と自由社は、憲法でも大日本帝国憲法や天皇、自衛隊の記述が多くさらに、大日本帝国憲法が内外に高く評価されていると記述されていました。そして、日本国憲法については、GHQに押し付けられて制定した憲法であると記述。

世論が二分される事柄であれば、両方の意見を記述すべきです。子どもたちに偏った情報しか提供していないと感じました。

歴史は1社多く、8社が展示されていました。

それぞれ、見ているとコラムで紹介されている人物に興味がわき、自伝など読んでみたいと、うずうずしてきました。

だいぶたってから、知り合いのKさんがみえました。やはり、教科書展示大事だと言うことで見に来たのです。

以前は写真撮影はダメだと言われていましたが、今日は撮影に対して個人情報(氏名、住所、電話、撮影する教科書名、出版社名、撮影するページ、画像枚数)等を紙に書いて提出すれば良いとの事。表紙だけ写真をとりました。しかし、HPやFBなどネット上でのアップはダメだと書いてあったので、今日もアップできません。

アンケート用紙が置いてあったので、現場の先生たちの声をきちんと活かしてほしい。育鵬社と自由社は記述が偏っていると感想を書いて出してきました。

中学校の教科書は、8月に教育委員会で決めます。

子犬の頃のまめ

子犬の頃のまめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です