川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-06-19(22:06) 国政

今日は一般質問4日目。最終日でした。

議会終了後に団会議。議案に対して報告をし合いました。ヒアリングが足りないところは、月曜日に再調査します。

また今日は、戦争立法反対の宣伝を全国で行っています。川口市は、川口駅東口デッキで、朝7時から夜9時までマイクを使っての宣伝と、署名とチラシを配りました。ロングラン宣伝ですので、地域後援会からもたくさんの方が参加したと思います。私たち市議が行った時には、村岡県議、地区常任、そして地域の後援会からたくさんの方が参加していました。今日は大雨が降った時もあるので、宣伝は大変だったと思います。カッパを着こんで雨対策十分な方もいました。

私は、看板を持ってお店の宣伝をしている若い男性の後ろで、チラシを配っていました。ちょうど屋根の下で雨にぬれずに良いと思ったからです。1時間ほどした時に、この男性からチラシを下さいと言われました。そして、「どうしてこんなこと(宣伝?)をしているのか」と聞かれました。

「戦争立法を廃案に追い込むため、世論を大きくしているのです。」と話しました。

「でも若い人は、聞いていないですよ」(確かに!)

「自分は自衛隊をやめてきた。入隊して1週間ほどで、身に何があっても仕方がない。と誓約を書かされた。自衛隊は、戦争に行く事は当然と思っている。安倍首相も隊員の前でそういうことを言っている。」などなど色々話しました。

彼は、元自衛隊員として、そして若者として疑問を私にぶつけてきました。私は彼が何が分らないのか良く理解できておらず、上手く説明ができませんでした。

憲法9条があるから、集団的自衛権は違憲であり、だから戦争立法は反対、廃案にしよう。

ということが理解できない方もいるのだと。

今、日本に必要なのは、国際貢献なのだと。だから、アメリカと紛争地域にいくことは重要であると思っている方がかなりいることが分りました。話をした彼もそうだったかもしれません。

だから、私たちの宣伝の意義が理解できなかったのかもしれません。

いろんな方がいると理解せず、活動をしてもだめですね。今日は勉強になりました。

ちなみに、元自衛官の彼は、看護師になるため勉強中です。「頑張って」と応援しました。武器を持たなければならなかったかもしれない男性が、人の命を救う看護師の道に進もうと頑張っていることは、感動です。

IMG_5553[1]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です