親しくさせて頂いていた、かつこさんのお通夜に行って来ました。

いつも、凛として、口数は少なく教養を感じる方でした。

享年86歳。私の母より少しお姉さんです。

御親族の挨拶の言葉を聞き、私の第一印象が正しかったと分りました。

お花の家元を支えるほどのお立場で、三味線などのお師匠さんだったとか。

私は毎月家まで伺うことがあり、よくお話をしていたのに、かつこさんの歩んできた歴史は何も知らずにいたのでした。

かつ子さんのご主人のみのるさんは、私の顔をお忘れだったようですが、話をするうちに思い出してくれて、握手をしました。

3人で、こんにゃくを手作りしたことがなつかしい思い出です。

私もかつこさんのように、凛とした生き方がしたい。

 

3時から柳崎で定例の宣伝

3時から柳崎で定例の宣伝。戦争立法を廃案にするまでがんばろう!

おすすめの記事