今日は、朝から市議団会議。

6月議会が告示となりましたが、意見書の討議と一般質問の討議をそれぞれ行いました。

意見書は、金子ゆきひろ市議、松本さちえ市議、そして今井が案を作ります。意見書に関しては、全会派が合意したものが議会に提案されます。ですから、平和、消費税などのテーマは案を出しても合意できないことがあります。しかし、共産党として、国にきちんと物を言うことの大事さがあると思うのです。

一般質問は、板橋ひろみ市議、矢野由紀子市議、井上薫市議が奮闘中です。

今日は新川口の編集で、自転車運転者講習制度について記事を書きました。自転車の走行は安全運転が軽視されがちなので、大事なことだと思い、

このブログにも掲載します。

 

≪6月1日から自転車に関する交通ルールが変わりました≫   市議団ニュース新川口より

 

【問】テレビで自転車に乗っている人の危険行為に対して厳しくなったと言っていましたが、どう変わったのですか。

【答】道路交通法の改正により、交通取り締まりを受けた方には「自転車運転者講習」の受講が義務付けられました。

【問】対象者の年齢はいくつからですか。

【答】14歳以上の方、また14項目(下記参照)の危険行為で3年以内に2回以上取り締まりを受けた方です。

【問】「自転車運転者講習」を詳しく教えて下さい。

【答】公安委員会が受講命令を出しますが、講習時間は3時間で講習手数料は5700円です。また、講習は義務づけるものですので、指定期間(3か月以内)に講習を受けなかった場合、5万円以下の罰金という罰則もあります。

【問】自転車の安全運転の教室などはどこで行っていますか。

【答】市の交通安全対策課では、幼児から高齢者まで年齢ごとの自転車の交通安全教室メニューがあります。自転車の安全な乗り方をぜひ学習して下さい。

◆問合せ先  川口市交通安全対策課☎048-258-1224

14項目の危険行為

1、信号無視

2、通行禁止違反

3、歩行者専用道路での車両義務違反

4、通行区分違反

5、路側帯通行時の歩行者の通行妨害

6、踏切の立ち入り

7、交差点安全進行義務違反等

8、交差点優先車妨害等

9、環状交差点安全進行義務違反

10、指定場所における一時不停止

11、歩道通行時の通行方法違反

12、ブレーキ等の不良自転車運転

13、酒気帯び運転

14、安全運転の義務違反

 

おすすめの記事