川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-05-20(23:20) 雑記

今日は夕方から、「埼玉南部断酒新生会」のKさんとお会いしてお話をお聞きしました。

この会は、公益社団法人全日本断酒会があり、全国に断酒会があるそうです。組織の大きさはそれぞれでも、全都道府県に組織はあり、埼玉県では、県内5ヶ所(埼玉東部断酒新生会、埼玉中央断酒新生会、埼玉北部断酒新生会、埼玉南部断酒新生会)で活動しているそうです。

南部断酒会は、川口市、川口市鳩ケ谷地域、蕨市の3ヶ所です。

断酒会とは、「お酒をやめなければならない人たちが、自発的に集まって作った会です。この世からお酒を無くそうとか、すべての人にお酒をやめさせようとする会ではありません。まして政治や宗教とは、全く関係のない自助グループなのです。」とパンフにはありました。

南部断酒会は定例会を公民館を会場で行っています。家族の参加する例会もあるようです。例会では見学も出来るようなので、私も機会があれば見学をしてみたいです。全国では8000人以上の会員さんが活動をしているそうです。多い時には、この倍近くの会員さんがいたそうですが、完治して退会するのかと思いましたが、そうではないとKさんからの説明でした。現在は、依存症が様々複合化して(お酒以外にも、ネット依存、薬依存など)ひきこもりになりがちなんだそうです。難しい社会情勢があるんですね。

さらに勉強をしなくてはいけないと反省です。

一人で悩んでいる方がいましたら、ぜひご連名してみて下さい。

公益社団法人 埼玉県断酒会新生会 (http//www.saitama-danshu.or.jp/)

 

IMG_5392[1]

2 Responses to アルコール依存症

  1. K より:

    川口市民の皆様に知って頂きたい、厚生労働省研究班の調査結果が御座います。
    WHOの診断基準のICD-10による推計値で、アルコール依存症者は日本全国で109万人とされています。これは日本の総人口約1億2千7百万人の約0.86%に相当します。
    川口市の人口59万人の0.86%はおよそ5千人になります。これは大変な数です。
    私たちはお酒でお悩みの方のお役に立てればと活動中です。

    • imai より:

      Kさん、コメントありがとうございます。
      健康づくりを含め、市民の福祉増進にこれからもがんばります。
      多くの方から教えて頂き、勉強をしながら、市政に反映できるようにしたいですね。
      今井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です