谷沼地域の自然保護活動をしている、Sさん達が市に要望書を提出すると連絡を頂きその場に立ち会う事が出来ました。

川口市芝地域は、緑地が大変少ない地域ですが、上谷沼調整地は広大な土地にサッカーグランドがあるものの自然な形で草地もあり貴重な土地です。

Sさんたちは、市に要望を出すにあたり地域住民の賛同を得たり、調整地でウォーキング等をしている利用者達にチラシを配り自然保護の訴えをしました。その結果1週間ほどで「利用者の声」として返事が50通ほど回収出来たそうです。自然保護の活動を初めて知り、がんばって下さい。という励ましの声もありました。今日、要望書提出に立ち会う事ができて本当に良かったと思いました。市議会議員は地域の要求を聞いて市政に届けることが重要な活動の一つだと思うから。

芝地域のまちづくりを考える上でも大事な緑地です。そして、この調整地には絶滅危惧種もいるのだとか。調整地利用者は、川口市民だけでなく、さいたま市民や近隣市からも利用者がいるのではないかと思います。埼玉県民として隣接した自治体の住民が同じ思いで要望活動をする。最近私の活動はこのパターンが増えてきました。まだまだ不勉強ですが、まちづくりの一環としてこの自然保護活動にも関われたらと思います。

生涯学習部スポーツ課(左端)に要望書を提出し、懇談をしているところ。右からOさん、今井、Sさん、Yさん、

おすすめの記事