川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2015-05-06(22:07) 市政 教育・こども

小中学校で使う教科書採択の方法が変わりました。昨年の事です。川口市でも現場の先生たちの声を反映する教科書採択に向けて運動や行動があり、その成果があったのかどうかは不明ですが、川口市では現場の声が反映できていると担当課の見解です。(もちろん現場の先生たちから直接聞いたわけではないので不明です。)

来年度から中学校で使用する教科書を展示会で閲覧にかけ、調査研究の結果を踏まえ8月末までに採択されます。

その時に、首長の教育行政への関与を強める改定地方教育行政法が4月1日に施行されたことが大きく影響されるのではないかと心配されます。

川口市でも特定教科書を押し付ける動きが無いわけではありません。埼玉県議会では昨年教育への政治介入がありました。村岡県議から何度もその様子を聞き、県議会では大変な事になっていると危惧しました。川口市議会にその流れや動きが来ないとも限りません。

しかし、4月22日に畑野君江衆議院議員が質問をして、「改正前と改正後で変更はない。」「首長が教育委員会に対し、特定の教科書採択を求める権限は有しない。」と文科省小松親次郎初等中等教育局長は見解を示しています。

この記事は、地方議会では心強いことでもあります。安倍首相の歴史に対する言動など考えてみれば、今年は教科書採択に大切な時期です。

戦争立法を作らせないためにも、子どもたちの未来をきちんとつくるためにも、教科書問題は重要です。

やはり、歴史はどの立場であっても正しいと言える教科書であってほしい。

道徳は、上からのおしつけではなく、集団から起きた生きた教材から学ぶことも大事にしてほしい。

子どもたちが健やかに育つ環境をつくるため、頑張らなければいけないと思った記事でした。

しんぶん赤旗・5月6日掲載

しんぶん赤旗・5月6日掲載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です