川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2012-08-25(20:33) まちづくり 市政

今日は、母親大会実行委員会主催の対市交渉の日。(昨日公開し忘れました)

午前、午後と8つのテーマに分け要望提出に対する回答をもとに話し合いを行いました。参加者は83人。職員の人数も相当なもので、100人は超えていたはずです。

もちろん市議団からも参加をしました。(私と金子団長は最後まで参加 (^。^)y-.。o○)

川口市母親大会も54回の歴史がありますが、この対市交渉も随分と会を重ねているものと思います。交渉と言っても、昔の様な机を叩きながら論破するのが目的のような交渉ではありません。お互いが歩み寄りを見つける工程といえる話し合いです。前進がみられるテーマ要求もありますが、まだまだ平行線のようなテーマもあります。しかし、大事な話し合いです。「予算がない」「ご理解を」と言うのが市の常とう文句ですが、ニュアンスのちがう言葉もあったように思いました。

私の前に座っていた方が、近くの小学校にある支援学級の先生でした。ぜひ見学をさせて下さいとお願いをして来ました。現場を見ないで、実態は分かりません。以前芝中の支援学級の公開授業には行きましたが、地域間格差があると思うので、色々なところを見に行こうと思います。

夕方家に帰ると、ふるさと上谷沼地域創造塾のSさんから電話が入っていました。さいたま市の方ですが、川口市へ要望を出すと言うので、話を聞き提出には付きそう事にしました。今日も、質問原稿は書けそうにありません。明日は、研修が一日あるし。考えると恐ろしい。日曜日一日でどれだけ書けるのか~~~(;一_一)

団で検討もするので、ある程度の形に仕上げておかないといけません。

でも、色々お話は聞いたので、その要求を市政に届ける事はできるかな。

市役所大会議室で行った、母親大会実行委員会主催対市交渉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です