3月議会が本日閉会となりました。

27年度は、国保税や介護保険料の値上げなど社会保障の後退と経済対策として、国からの補助金が下りてくるからと、商品券の発行が大幅増となりさらにプレミアムが3割付きます。市内商店などがどれほど景気が良くなるのか。良くなる制度としてもらわなくては困りますが。川口商工会議所と鳩ヶ谷商工会でつくる実行委員会が詳細は決めるそうです。市民にとっては疑問が残る議案も数ありましたので、日本共産党としては反対討論に立ちました。金子信男議員です。最後のくだりはちょっと涙が出てしまいました。また、追加議案が提案されました。職員の給与削減と副市長の人事等です。職員の給与を下げるのだから、社長(市長)も削減するのでしょうか。そして、二元代表制である市議会議員も下げる議案が来年度6月議会にでも提案されるのか。ふつうそうなると思いますが、どこかの自治体のように市長や議員の歳費は値上げするのだとしたら、とんでもないことです。(-_-メ)

今日は3月11日。4年前の今日、私はNさんとハンドマイク宣伝をしていて芝4丁目付近を歩いていました。電柱が大きく揺れるのを始めて見ました。

政府は、被災者の皆さんの生活再建には責任を持たず、支援を打ち切り、「自立して下さい」と言い放ちました。

川口市では、幼稚園から高校まで被災者の保育、教育は無償としています。その他にも支援がありますが、生活支援として自立に向けた支援なのか。今必要なのは何か。被災者の方達に必要な支援となっているのか、検証が必要です。

そして原発再稼働に前のめりになっている安倍首相に、ドイツ首相の爪の垢を煎じて飲ませたいです。

IMG_4087[1]

おすすめの記事