午前中は、芝西地域で後援会ニュース読者を、Aさんと訪問。皆さん「応援してるよ」と行って下さりありがたい限りです。

午後からは、お茶の水に出かけました。中央大学駿河台記念館で、「医療と介護」の記念講演とシンポジュームがあるので、勉強にいきました。会場には医療生協さいたまの役員の方やドクターにも会えました。久しぶりです。

まず、「地域医療の再生へ」と題して、長友薫輝教授の基調講演。長友先生の話は分りやすいので楽しいです。今日はレジメは3ページ半あったのに、時間は短くぴったりと終了。ちょっと物足りなかったです。もう少し詳しく聞きたかった。

シンポジウムは、本田宏済生会栗橋病院副院長補佐がコーディネーター。おやじギャグを出しながら楽かった。テーマが固いので良い味でした。

シンポジストは、

本田誠氏(医師。世界の医療団に加わる。国内では困窮者支援に携わりその活動報告を)

山田智氏(医師。中野共立病院長、地域ケアについて発言)

広瀬ミサ子氏(医療生協さいいたま支部長。埼玉で始めて全会一致で保険で良い歯科医療の意見書を採択させた。新座市)

折田真知子氏(日の出町町議。75歳以上医療費負担ゼロ、この4月から70歳以上にまで拡充)

とっても勉強になりました。新座市の取り組みと日の出町の取り組みは全国へ発信。そして、川口市でもいつかは実現を。

長友先生の話

長友先生の話

IMG_4172[1]

おすすめの記事