午後1時半から、つどいがありました。

村岡県議と今井の懇談会です。

最初に村岡県議から国政・県政に対しての報告。私は、3月議会で質問をする予定の、介護と非正規雇用の問題を話しました。「分り易かった」と言って頂きホッとしました。住民の運動があり世論を作り私たち議員が議会でがんばる。そのために選挙でもがんばります。とお話ししました。

具体例として、私が市議補欠選挙に出た6年前の話をしました。学校給食で使われていたアルマイト食器の改善を選挙中訴えましたが、市長としてわが方の対抗馬であった全市長は、食器の改善を途中から言いだしたのです。市議団が長い間議会で訴え続けた食器改善が、選挙で簡単に実現できたのです。簡単ではありますが、運動と世論がなければ、こうはいきませんでした。

また、子ども医療費の年齢拡大も、小中学校のエアコン設置もやはり、運動と世論がやはり重要です。

何事もあきらめず、言い続けることですね。

夜、生活相談をしていたKさんが、解決の方向に向かいだしたと電話をくれました。良かったです。

先ず、村岡県議の話し

先ず、村岡県議の話し

新婦人内後援会が作ったタペストリー

新婦人内後援会が作ったタペストリー

脳腫瘍のこぶが少しおおきくなってきました。(;一_一)

脳腫瘍のこぶが少しおおきくなってきました。(;一_一)

 

おすすめの記事