川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-11-20(21:30) 国政 日本共産党

今朝は、東浦和駅で宣伝を井上さんと、地域後援会のみなさんとしました。

いつものように6時半ちょっと前に駅につきましたが、今朝はさいたま市選出の自民党衆議院議員が宣伝をしていました。

川口の共産党です。とご挨拶をして反対側で、志位さん来るのチラシをまき始めました。衆議員は、7時からハンドマイクで話を始めましたが、聞いていると疑問がわいてきました。

「今年は税収が10億円増収になっている。消費税増税で景気が少し悪くなった。収入も増えている。雇用も増えている。厚生労働委員会で課題解消のために頑張ってきた。」

大まかにこのような事を言っていました。

数字は間違いではないのかもしれません。しかし、情勢をつかんだ正しい分析なのか。疑問を持ったのです。

税収が10億増えても、一時であり、消費税増税で消費税分が増収になっても、所得税などかえって減収になるのが歴史的経過であきらかです。それが、国民総所得で増収といえるのか。所得が増えているのは、富裕層と大企業ですから。一般庶民の所得が増えない限り、景気回復はあり得ません。

雇用が増えている、というのも、派遣、パートなど非正規職員が増えても、正規職員が減っている現状では、雇用が増えていると胸をはって報告できることではないと思います。

さらに、この議員さんが、厚生労働委員会の委員だとわかり、社会保障の連続改悪を進めてきた御本人だと分りました。

やはり、今度の選挙は安倍首相に退陣していただかないと、景気回復も国民のくらし安心もないと分ります。

IMG_3549[1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です