川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-10-22(22:35) 市政

夕方4時から、社会保障推進協議会の役員会がありました。板橋市議と出席。

今日は、10月10日に行われた、子ども・子育て懇談会の報告と今後の取り組み、各グループの報告などが議題でした。

保育課との懇談では、参加者も多く発言も多かったので、担当課にもアピールできたのではないかと。事例として、民営の保育所では、保育者の過重労働が問題で退職者も出ているが、退職の順番待ちがあると言う現実が報告されました。今でもこんな状態では、新システムになり労働状態が悪化するであろうと心配されている現状を、早急に改善しなければならないと感じました。

ただ、公設公営保育所は増設されないものの、来年認可保育所の増設が予定されている事は、救いです。

議題の中で、新座市の検診無料化の取り組みから、医療生協さいたまが中心になり、検診無料化の運動を起こしていくと報告がありました。私としては、運動があり一緒に改善をしていく事が最善だと思うので、良かったと思います。

11月26日には、こまりごと相談所が、パートナーステーション会議室で行われます。

懇談は、もう2つ。

高齢者にやさしいまちーかわぐちとして、介護も含めた高齢者問題で懇談を行います。要望書を提出し来年2月ごろを予定しています。

さらに、生活保護制度でもこれから、要望書を提出し懇談を申し込むそうです。

春に埼玉県では、自治体キャラバンとして統一テーマで対市交渉を行っていますが、時間がとても足りず、テーマ毎の懇談がとっても重要です。ですから、このような企画を進めているわけです。実際市の職員が要求を持つ市民や運動している団体と話をする場をもつことは、お互いの勉強にもなるとおもいます。聞く耳を持つならばの話ですが。

IMG_3296[1]

懇談ですから、机をたたいて大声をあげる昔の様な対市交渉とは違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です