川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-09-12(21:39) 市政

今日一般質問一番手に登檀しました。ご報告します。

1 高齢者にやさしい市政とまちづくりについて

①グリーンセンターの入場料をもとに戻すこと。(60歳から67歳のからの入場料を無料にする)

(答弁)来年度から発行の「安心カード」との整合をとり65歳からの無料を検討する。

②スポーツ施設の使用料について、65歳から無料にすること。

(答弁)利用状況等を精査し研究する。

③コミュニティーバス路線を医療機関と公共施設に通いやすいよう変更すること。

(答弁)現在神根循環で26年から27年まで、社会実験を2台のバスで行っている。結果が出た段階で、検討する。

④高齢者が不安に思う、入浴に市としての福祉サービスなど提案したが、どれも出来ませんとの答弁。

(入浴設備のある施設建設)(たたら荘や銭湯への無料送迎)(入浴補助のヘルパー派遣サービス)

⑤芝地区県道235線のデコボコの歩道の整備。

(答弁)さいたま県土整備事務所に早期の改善を強く要望する。市も県も歩道の事は認識している。

⑥自転車の安全教室を積極的に開催すること。

(答弁)市と警察が主体となり、町会、自治会、団体等からの要望により実施。

2 健康づくり施策について

①がん検診、歯科健診を無料にすること

(答弁)受益者負担の原則から無料化は難しい。

②重度心身障害者医療費助成制度の年齢による支給制限はやめること。

(答弁)財政上困難である。

3 クリーンエネルギーの推進を

①国に再生可能エネルギー社会への更なる推進をもとめること。

(答弁)機会を捉えて求めて参る所存であります。

②災害に備え太陽光発電の街路灯設置を

(答弁)明るさの問題や蓄電システムの課題等あるので、困難であるが研究していく。

③戸建住宅への太陽光発電支援について

(答弁)自宅の一部を店舗とする自営業の方も対象となります。

④かわぐち市民共同発電所設置事業について

(答弁)公益的団体等と設置する公共的施設には市としても積極的に周知をしていく。

4 地域を支援する公共工事を

①公共工事の労務単価の調査を行うこと

(答弁)新たな労務単価で適切に発注している。民間企業に対する賃金支払い等の調査を行う考えはございません。

②担い手育成の推進である建設業退職金共済証紙の周知と貼付について、調査をすべきでは

(答弁)制度普及に努めるよう文書にて要請した

③産業廃棄物処理の監督は

(答弁)きちんと契約をしている

5 公契約条例の制定を

(答弁)現行の制度に基づき労働者の生活安定、労働力の質の向上に努めておりますことから、公契約に関わる独自の条例の制定については考えていない。

6 芝地域のまちづくりについて

①芝第2・第5地区まちづくり事業に関わる方全員にきちんと説明すること

(答弁)個別相談会を開催。53名に説明をした。まだ説明が終わっていない方や高齢な方にも直接訪問を行い説明していく。

②用地取得と建物補償について

(答弁)土地の交換等を視野に入れた計画であり、残地についても補償を含め権利者の負担とならないよう対応していく。

③芝神根線と蕨芝線の交差する地域の安全確保について

(答弁)関係権利者および県警等も含め交通安全大対策について協議していく。

前向きな答弁もいくつか頂きましたが、市政報告10月号で詳しく報告したいと思います。

質問が終わって、控え室に戻りホッとしました。

質問が終わって、控え室に戻りホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です