川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-08-11(23:08) 市政

市議団5名で視察。

朝8時に新都心駅待ち合わせ。

10時から高崎市企画調整課の松本さんと岩井さんが説明をしてくれました。財政的な面も資料を提示して丁寧な説明です。質疑応答では、突っ込んだ質問はできませんでしたが、かなり質問に応えてくれたと思います。

11時半から12時半まで、高崎市日本共産党市議団の3議員と懇談。高崎市は合併を続けてきたので、広範な市に対して3人では、市民の要求や願いに応えるのは大変だと思いました。3人の議員の中で、女性は一人清塚市議だけでしたが、清塚さんが女性市議として初めて当選したのだそうです。高崎市はそんなに封建的なんでしょうか。

懇談終了後、前橋市に異動。市役所に向かう途中でランチをとりました。私はマグロユッケ丼ランチ。とっても美味でした。

13時半から前橋市役所で中核市に関して説明を受ける。説明をしてくれたのは、総務部行政管理課職員さんと健康部保健総務部職員さん。

中核市に移行する際のスケジュール等は、ほぼ同じですが、中核市になりメリットとデメリット、そして移行期の大変さは、それぞれ違いました。

保健所を中核市として持つ大変さは、専門職員の確保もあると思ったのですが、高崎市は県からの出向を想定しているようで、大変さは感じませんでした。しかし、前橋市では、医師確保がやはり大変だと言っていました。とくに獣医師の確保は大学も少なく大変らしい。

両市とも、財政面では、交付金がトントンくらいには下りてくると言っていました。決算ベースの話ではどうか。確認が必要です。

さらに、市民へのサービスでは、具体的にどう改善があるのか、分りませんでした。まだまだ研究が必要です。

高崎市と

高崎市と

高崎市でいただいただるま。いろんな色があり、カラフルでした。

高崎市でいただいただるま。いろんな色があり、カラフルでした。

前橋市と

日本共産党高崎市議団と懇談

前橋市と

前橋市と

懇談終了後、川口市に帰りましたが、今夜は労働相談、生活相談の定例日だと思いだしました。疲れているのだけれど、事務所に向かいました。

今日は本当にへとへとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です