川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-07-11(23:27) 国政 平和

夜7時からさいたま市浦和コミュニティーホールで、世界と日本の友好・平和のためにと題して、笠井亮衆議院議員の講演と、弁護士さん2人の特別報告を聞いてきました。

世界の人と歴史認識を一致させる事が重要だとそれぞれが仰いました。それには、子どもたちへの教育がまず大事。そして、地域や団体での学習会も重要。私達は知らなすぎます。

河野談話も見直すと言っていた保守勢力の方達も、報告では認める内容になっている。当然ですが。

戦争と言うのは、このように弱い所に牙が向きます。従軍慰安婦だなんて、難しいことばですが、実際は13歳や14歳の子ども達の人権が蹂躙されたのです。笠井さんの講演の中でも、現在存命の被害者の方達は平均88歳と言っていました。終戦69年ですから、終戦の年でも19歳。それに、早く解決しないと被害者の方達がいなくなってしまします。存命のうちに解決の道を付けることは、人としてあたり前のことです。政府にその心が欲しいです。

私達にできることは、学習会と周知に努力です。

お話する、笠井議員

お話する、笠井議員

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です