川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-04-23(23:42) 国政

文部科学省は、22日小学校6年生と中学3年生を対象とした全国学力テスト(全国学力・学習状況調査)を実施しました。今年で7回目となります。今年から市町村教育委員会では、学校別結果を公表することが可能とされています。しかし、川口市では、金子信男市議による質問では、学校別結果は公表しないとの答弁を得ています。

点数が全てという弊害が、教育の現場に大きな影響を及ぼす事は必須です。競争をあおりたてたり、学校での平均点を上げるため答案を改ざんしたり、間違った答えを書いた子供に気付かせる、特定の子供の答案を集計から除くなど、子どもの気持ちを傷つけることなどが心配です。何のためのテストか理解できません。このような全国テストはやめるべきではないでしょうか。

テストとは子供の習熟度を調べるためであり、その結果を得て、どの子も分かる授業を進める。その様な体験を通して学習の面白さを知ってほしいと思います。多くの先生達もその様に考えているのではないでしょうか。

安倍政権の教育に対する考え方は、戦争を進める第1歩に思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です