FBで、日本共産党の宮本岳志衆議院議員が文部科学委員会の様子をアップしています。その奮闘ぶりを読むと、こちらまで熱くなってきます。さらに、新聞では下村文科相が「教育勅語」を美化した発言をしたとか、委員会では間違った答弁を繰り返し、修正をするのだとか。

ラジオを聞いていて、高校の授業料無償化制度が変更になりましたので、子どもたちの手続きが必要になり負担が増えたのではないかと心配です。議会では、負担が増えないよう強く要望をしましたがどうでしょう。注意深く見て行く必要があります。

医療と教育の無償化は、世界で進んでいる社会保障ですが、なぜ日本は後退してしまうのか。負担の公平といいますが、税の徴収を公平にしてから負担の公平を言ってほしい。

今日は、夜の会議が変更になった事を知らずに行き、ちょっと怒りが爆発しています

IMG_2197[1]

おすすめの記事