川口市市議会議員 今井はつえの公式サイトです。

文字サイズの変更

2014-03-26(22:37) 市政

市営住宅の改築工事が完了したことで、内覧会があったので参加してきました。青木住宅は、1階に生活介護・夢工房という作業所と、2階には青木保健ステーションが併設されています。

市営住宅は、3タイプあります。広さは、1DK、2DK,3DK、車いす対応が2戸(1DKと2DK)。新しい部屋は、気持ちが良いです。でも、気になったことは、車いす対応の部屋を見たのですが、車いすの方が家事ができるようにはなっていないと言う事です。家族がいれば問題はないかもしれませんが。バリアフリーには当然なっていましたが、キッチンの棚とか、洗面所の棚とか高いところには、手がとどきません。業者の方は車いす対応の家具だと説明はしていましたが、使い勝手はどうかなと何人かで、意見が合いました。

夢工房とは、障害者総合支援法に基づく通所施設です。現在は市営朝日高層住宅の1階にありますが、定員25名の作業所をこちらに移転して、定員は40名程に増員予定です。

青木保健ステーションは、保健師さんが3名で相談業務や訪問業務の他、育児教室なども開催します。担当地区は、青木、上青木、前川です。

4月から、市営住宅入居の引っ越しが始まります。

夢工房の訓練作業室で最初の説明。

夢工房の訓練作業室で最初の説明。

夢工房にあるトイレ。オストメイトかな?

夢工房にあるトイレ。オストメイトかな?

 

 

市営住宅集会所からの景色。右は新しい住宅、左は古い住宅で入居者がまだ住んでいます。

市営住宅集会所からの景色。右は新しい住宅、左は古い住で入居者は4月から隣のあたらしい住宅へお引っ越し。

 

車いす対応の部屋のバスルーム。

車いす対応の部屋のバスルーム。

車いす対応の洗面台。上下するので、水道は使えるが、棚が高い。

車いす対応の洗面台。上下するので、水道は使えるが、棚が高い。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です