午前中は、県議補欠選挙が始まっていますので、日本共産党の対話をして来ました。元気のよい女性候補者が我方にはいますので。自共対決って分かりやすいです。さらに、話しやすいですね。ただ、マンパワーがほしい。対話もアナログでは、もっと活動できる方がいないと、1週間なんてすぐに終わってしまう。

午後からは、3月議会の質問原稿作り。なかなかはかどりませんが、やっと連絡が取れた方のお話がとっても参考になり、良かった。

夕方は息抜きに、まめの散歩。そして夕方のニュースをぼ~~と見ていると、スポーツのニュースでソチオリンピックのニュースが始まった。そして、最近では定番になりつつある、フィギュアスケートの、浅田真央選手の復活劇。何度見ても、感激で泣いてしまう。自分の目標に向かって一生懸命努力して、やり遂げた瞬間は、本当に良かったと、心から思った。多分世界中の多くの人がそう思った事でしょう。スポーツって何が起こるか分からない部分があって、絶対はありません。だから、面白かったり、やりがいがあったり、悔しかったり。

でも、オリンピックとなると、国策となり難しい。

スポーツ界全体の前進や、強化選手の負担軽減が行われる事を望みますが、脚光を浴びないと予算はつかないですね。かつて、女子サッカーがそうであったように。私はやはり、スポーツが好きなので、スポーツに予算がつき、誰もが思うように楽しめる施策充実が進むようにと。

 

おすすめの記事