埼玉県南部都市問題協議会主催の視察で、柏市に行って来ました。柏市におけるITSの取り組みです。地域の様子、道路状況などが大きく影響する事業で、柏市では中心市街地は幹線道路が交差して渋滞などの問題がある地域、鉄道開通でまちづくりが進んでいる地域、市街化調整区域で過疎が進んでいる地域で取り組む事業も特徴的でした。

取り組みのうち主なものを報告します。

①オンデマンド交通。乗合タクシーとでも言うのか。これは、高齢者対策としてよい制度だと思います。川口市でも、コミュニティーバスの路線変更がありましたが、不評が聞こえてきます。と言うより、誰もが満足するルートは難しいとも思い、この、オンデマンドは一つの方法だと。

②マルチ交通シェアリングシステム。自転車、バイク、車のシェアですが、低炭素型まちづくりには欠かせないシステムだと思いました。聞き忘れましたが、道路整備はどうなのかな~と。

柏市交通対策課の職員さんが車のシェアリングシステムの貸出を実際にしている所

柏市交通対策課の職員さんが車のシェアリングシステムの貸出を実際にしている所

 

おすすめの記事